「Decision」よりも「Judgement」

日経ビジネス(2010.10.04)のインタビュー記事で、一橋大学大学院の野中郁次郎氏が「Decision」と「Judgement」についてこう述べています。

『企業経営において「Decision」よりも「Judgement」が問われる時代になっています。決定を下すことを意味するDecisionに対して、Judgementは自分の価値観に基づいて判断することです。

ある経営判断が求められる場面に遭遇した際、ビジネススクールで勉強した経験があれば、最善と分析できる解は出せる。しかし、これはDecisionです。

過去の事例をベースにしたものにすぎず、実際の状況を踏まえたものとは限らない。経営者に必要なのは、Judgementであり、それには周囲との関係性を正しく読むことが求められます。前提となるのは経験と教養ですが、今の日本の経営者には教養が不足していると言わざるを得ません。深い教養を身につけたリーダーの養成が課題です』

こういう記事を読むと、やもすると「そうか、これからの時代は教養が大事なのか」なんて私たちは考えてしまいがちです。

でも、野中氏は「Decision」が大事ではないとはこれっぽっちも言ってはいません。要はバランスの問題であり、「Judgement」のための教養を身につけるというのも、「Decision」ができることが前提であることを私たちは忘れてはいけないですね。

動画配信開始