リスクカード

「リスクの本質は、この東洋の漢字がよくとられている」と言って、ファイナンスの教授がスライドに映し出したのは、「危機」という漢字でした。

リスクには、危険と機会という二つの側面があるということです。

マネジメントゲームでは、順番に「意思決定カード」を引いていきます。カードの中には、「リスクカードをひく」というものが混じっています。リスクカードには、それこそ、工場火災、盗難、従業員の退職、機械のトラブルなど、さまざまなダウンサイドリスクがある一方で、研究開発成功、広告戦略成功、材料を低価格で仕入可能などのアップサイドリスクがあるわけです。

つい先日のMGで、こんなことがありました。同じ卓の人がリスクカードで工場火災のカードを引いてしまいました。

それをみた別の人が「やったぁー」と喜んだのです。

競合会社の工場火災に喜んだのもつかの間、その人は続けてリスクカードを引く羽目に。なんと、盗難に見舞われたのです。

人の不幸を喜ぶとそれはそのまま自分の身に降りかかってくる。マネジメントゲームの魅力はそこに人生の真理が垣間見えるときがあるからです。

動画配信開始