生産性とは

生産性とは、産出に対する投入の割合と言えます。生産性の算式は、分母にINPUT(投入高)、そして分子にOUTPUT(産出高)をもってきます。

生産性をあげる方法は二つあります。ひとつは、分子のOUTPUTを増やすこと、もうひとつは分母のINPUTを減らすこと。ところがこれは静態的な(≒教科書的な)物事のとらえ方です。

実際は、INPUTを減らせば、えてしてOUTPUTも減ります。生産性はかえって低下してしまうのです。実は、INPUTを増やさなければ、OUTPUTなど増えるものではありません。

分母を動かせば、分子も動くのです。このように、経営は動態的に物事をとらえる必要があるのです。

動画配信開始