研究開発投資 トヨタ首位

昨日(2010.10.27)の日経新聞にこんな記事がありました。

『欧州委員会が26日発表した2009年の世界的な企業の研究開発投資の実績によると、トヨタ自動車が2年連続で世界一となった。08年の金融危機後に日米欧の企業は大半が投資額を減らしたが、トヨタをはじめ日本企業は「比較的高い水準の投資を維持した」と欧州委は評価している。』

でも、業界も規模も違う企業の研究開発投資額のランキングにあまり意味があるとは言えません。

どうせなら、自動車業界のランキングをみてみましょう。すると、第2は総合ランキングでも第4位だったフォルクスワーゲン、第3位はGMとなっています。

ところが、これでも、まだ規模の違いを考慮していません。そこで、これら10社を売上高研究開発投資比率の順番に並び替えてみます。

そうすると、ロバートボッシュという自動車部品メーカが第1位になります。完成車メーカでのトップはフォルクスワーゲン、第3位はなんとホンダ、そして日産と続きます。トヨタは大きく順位を下げて第9位となっています。

日本のメーカでは、ホンダ、日産の方が研究開発投資に積極的だとも言えるわけです。

ついでに設備投資額で並び替えてみると今度は、BMWやダイムラーなんですね。なかなか面白いですね。

ということで、規模も業界も違うものを比較しても話のネタにはなるけど、あんまり意味がないというお話でした。

自動車業界R&D.jpg
動画配信開始