8月の株式空売り比率が8年ぶり高水準に

最近、株式市場で空売りの存在感が高まっているといいます。東京証券取引所が今月7日発表した8月の空売り状況によると、月間の売買代金に占める空売り注文の比率は25.5%と8年ぶりの高水準だったそうです。

そもそも、この空売りってなんでしょうか。空売りとは、自分では株を持たず、証券会社から、株を借り(もちろん手数料を払います)、しばらくたって、株価が下がったところで、その株式を買い戻し、借りていた証券会社に株式を返すことによって利益をあげる手法です。

たとえば、借りてきた株式を現在の株価500円で売却するとします。自分の財布には、500円入ってくるわけです。しばらくして、株価が仮に200円に下落したところで、200円で当該株式を購入し、証券会社に返却すれば、手数料抜きで、300円(500円-200円)の利益となるわけです。

お気づきのとおり、空売りは将来株価が下落すると考えて初めて成り立つ手法です。したがって、株式空売り比率が高水準ということは、株価の先安感が高まっているということなんです。

動画配信開始