インプットとアウトプット

仕事の生産性という観点から言えば、できるだけ少ないインプットで最大のアウトプットをあげるべきということになるのだろう。

ただ、私たちが忘れていけないのは、インプットとアウトプット、そしてその間を結ぶ私たちの情報処理能力とのバランスだ。

最大のアウトプットを出すには、やはりインプットが多くなくてはならない。ただし、多ければ多いほどいいというわけではない。

自分の処理能力がボトルネックになってはしょうがない。

私たちは、このことを考えずに、むやみに情報を取り入れようとしてはいないだろうか。

反対に、自分の処理能力を上げてもインプットが少なくては、今度はインプット量の少なさがボトルネックになってしまう。

そう考えるとアウトプットを横目でみながら、自分の処理能力の向上とインプット量とのバランスを考える必要があるということだ。

動画配信開始