カラダは誰のものか?

おかしな話に聞こえるかもしれないが、私はお風呂で自分の体を洗いながら、いつもカラダにありがとうと言っている。

排泄するときも、もちろんそうだ。自分で小便、大便ができることの幸せといったらない。

こんな風になったのは、寝たきりだった母親をみてからかも知れない。

24時間自分のために働いてくれているこのカラダとは決して自分のものではないような気がする

動画配信開始