今年の私たちのテーマとは

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

何かをなす時、タイミングは馬鹿にはできません。時を制する者を「時代の寵児」といいます。また、列子はこう言っています。「時を得るものは栄え、時を失う者は滅ぶ」

日本には、古来から暦で年・月・日・時間の力「バイオリズム」を活用して物事を進める習慣がありました。

時にはそれぞれ、我々の学ぶべきテーマが設定されているのです。1日24時間(子の刻から亥の刻)で学べなければ、12日間があり、12か月があり、最大12年が用意されています。

昨年の私たちのテーマは、「酉(とり)は緧(ちぢむ:なる)を表す:純粋な心を醇化し人間性を醸し出す。優れた人格の完成」でした。

それでは、今年の「戌(いぬ)」が表す私たちのテーマは何でしょうか。

「戌(いぬ)は戊(つちのえ)を表す:楝(れん:きたえる)や滅(めつ)に通じ、威信や威厳を体得し、人生での役割を完結する」です。

私自身も、このことを念頭に置きながら、心豊かな一年にしたいと思います。本年が皆さまにとって素晴らしい一年になることをお祈りしております。

動画配信開始