オプションとは何か?

オプションとは、株式・債券・通貨など、ある期日に、ある数量を、ある価格で買う権利、あるいは売る権利と定義できます。

将来の特定期日に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、決められた数量の金融資産を購入することができる権利をコールオプションといいます。

反対に、将来の特定期日に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、決められた数量の金融資産を売却することができる権利をプットオプションといいます。

コールオプションについて具体的に考えてみましょう。たとえば、1年後にX社の株を1200円で購入することができる権利を買うこと=コールオプションを買う、と表現します。

仮に、1年後のX社株価が1500円になっていたとしましょう。このコールオプションを使って、市場から1200円で購入し、即座に売却することによって、300円の利益を得ることができます。

それでは、1年後の株価が800円になったとしたらどうでしょう。
800円で購入できるのに、1200円で購入するバカはいませんから、この場合は、オプションを使わなければいいわけです。

このオプションを購入するのに200円が必要だとすると、このときの株価と損益の関係は下図のようになります。

コールオプション.jpg
動画配信開始