動画

動画配信

財務モデリング基礎講座

弊社の人気セミナー「財務モデリング基礎講座」の内容をそのまま動画として配信します。
場所や時間にとらわれず、繰り返し学ぶことができます。

目的
  • 明日から使えるエクセルテクニックを身につける
  • 新規事業計画など、将来の財務状況をシミュレーションできるようになる
  • パラメータの変化に柔軟に対応できるキャッシュフローモデル(PL/BS/CF)を作成できるようになる
対象者
  • エクセルで加減乗除ができる方
  • 財務3表の基本を習得されている方
  • ビジネススクールに通っているがEXCELの作業が多くてたまらないという方
講師 石野 雄一
(著書「道具としてのファイナンス」「ざっくり分かるファイナンス」)
カリキュラムの概要 1財務モデリングの基本を理解する
(1)財務モデリングとは何か
(2)モデルの質とは何か
(3)効率的なモデリングの基本ルールとは何か
2エクセルの基本に立ち戻る
(1)エクセルシートの構造はどうなっているか
(2)クイックアクセスツールバーに追加する方法
3財務モデルの基本とエクセル 基本関数を活用する
(1)計算演算子とは何か
(2)相対参照と絶対参照とは何か
(3)すばやい範囲指定と瞬間移動はどうやるのか
(4)フラグの活用方法
(5)基本関数
・SUM関数
・MIN関数とMAX関数
・SUMPRODUCT関数
など
(6)データテーブル
4財務モデリング-基礎演習
(1)収益計画のモデリング
(2)借入金残高のモデリング
(3)NPV関数とは何か
(4)IRR関数とは何か
5財務モデリング-応用演習
(1)キャッシュフロー・モデリング(初級)
(2)財務3表のつながり
(3)財務モデリング クイックチェックポイント
(4)キャッシュフロー・モデリング(中級)
(5)財務モデリング 循環の収束方法
価格 50,000円(税込)
決済方法 クレジットカードのみ
視聴期間 ご購入後180日
動画配信のお申込みはこちら

問題集

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版
アマゾン-こちらで販売中

道具としてのファイナンス問題集 (Kindle版) の発売を開始しました。

「道具としてのファイナンス」の読者の声で多いのは、「エクセルで実際に手動かしてみて初めて理解が進んだ」というものです。仕事でやっていることは早く身につきます。それは経験・体験を通して理解することが一番の早道であることを物語っています。

その意味では、多くの問題をエクセルで解いていくということは、「体験する」ということに近いと思います。「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、理解できるようになると思います。

また、「道具としてのファイナンス」を読んで自分が理解していたと思っていたことも、実は分かったつもりになっていたことに気づくこともあるかも知れません。

知る、分かる、出来る、やるの間には、私たちが思う以上に距離があるのです。知ったつもり、分かったつもり、出来るつもりになっていないかをチェックするのに最適な問題集と言えると思います。

この本に掲載されている問題は、過去に私が発行していたメールマガジンで配信していた問題をベースに新しいものを作成し、さらに厳選した88問です。

こんな問題集があれば、良かったのにと思えるようなものにすることを心掛けてきました。実際に問題を解く場合は、Amazonが無料で提供しているKindle for PC(Windows版やMac版)をダウンロードしていただいて、下図のように、パソコン上でエクセルを画面の片側に、Kindle画面を片側におきながらお読みいただくのがいいと思います。

Kindle for PC (Windows) [無料ダウンロード]

Kindle for Mac [無料ダウンロード]

道具問題集サンプル

※Windowsの場合、アプリケーションを片側に開くときは、Windowsキー+← or →のショートカットキーを使うと便利です。

この問題集の全問出来るようになった暁には、あなたの実力は相当のレベルにあることを保証します。ぜひ、楽しみながら問題を解いてください。