公開セミナー情報

申込み受付中2022年8月27日(土)意思決定のためのファイナンス講座

ファイナンスの知識を意思決定に使うことができるようになります。
オペレーショナルな意思決定と戦略的な意思決定の双方に役立つ定量評価のスキルが習得できます。
あなたの中にひとつの評価軸が出来れば、ビジネスの意思決定での不安がなくなります。

目的
  • 戦略自由度の価値を加味したリアルオプション法を学ぶ
  • トルネードチャートを活用した感度分析の手法を学ぶ
  • シナリオ分析の手法が簡単に出来るようになる
  • オペレーショナルな意思決定に役立つフレームワークを学ぶ
対象者
  • ファイナンス基礎講座を受講された方
  • 意思決定の際の確固たる軸を手に入れたいと思っている方
  • リアル・オプションに興味がある方
募集人員 15名限定
講師 石野 雄一
(著書「道具としてのファイナンス」「ざっくり分かるファイナンス」)
価格 80,000円(税込)
開催日 2022年8月27日(土)
場所 東京メトロ東西線 東陽町駅近辺
時間 9:30~18:00
持参いただくもの Microsoft EXCELがインストールされたノートPC
(Windows PCを使用します。ただし、Mac等のPCをお持ちの方もMac特有のショートカットキーをお教えしますので、ご安心下さい。また、ノートPCがない方もご相談ください。台数には限りがございますが3,000円(税込)でお貸しします)
申込期限 セミナー開催日前日まで
申し込み方法 セミナーお申込みフォームからお申込み下さい。
(受講可能な講座にご希望の講座があればお申込みいただけます。)
キャンセル
ポリシー
セミナー1週間前までにキャンセルのご連絡を頂戴すれば、受講料は全額お返し致します(振込み手数料はご負担ください)
やむを得ない場合は、一度限り次回の同講座を振替受講していただくことも可能です。
その他 この講座には再受講制度がございます。
再受講料は20,000円となります。
カリキュラムの概要
AM
  • 1.リスク分析の手法
    • 損益分岐点分析
    • 感度分析(トルネードチャートの作成)
    • シナリオ分析(What-if分析)
    • モンテカルロ・シミュレーション
  • 2.経営の自由度を評価する
    • 戦略的意思決定とオペレーションナルな意思決定
    • 意思決定のプロセス
    • NPV法の落とし穴
    • 拡張NPVとは何か
    • 投資のタイミングを考える
    • リアル・オプション法とディシジョンツリー法
  • 3.ディシジョンツリー法
    • バックワードインダクションとは何か
    • 情報の価値を算定する
    • ディシジョンツリー法の長所と短所
PM
  • 4.リアル・オプション法
    • 金融オプションとリアル・オプション
    • 複製ポートフォリオモデル
    • リスク中立モデル
    • 連続複利の世界
    • 撤退オプションを評価する
    • ブラック=ショールズ・モデルとは何か
  • 5.オペレーショナルな意思決定
    • オペレーショナルな意思決定のフレームワーク
    • 自製するべきか外注するべきか
    • 追加加工するべきか否か
    • 特別注文を受けるか否か
    • 増産のための投資をするか否か
    • 既存事業から撤退すべきか否か
    • 最適な製品販売の組み合わせ(プロダクト・ミックス)
    • 販売価格をいくらにすべきか

当講座のポジションマッピング

オントラックセミナーポジションマッピング

財務モデリング応用講座 プロジェクトファイナンス・モデリング講座 ファイナンス基礎講座 財務モデリング基礎講座

セミナーのお申込み

    オントラックの各種セミナーへ参加を希望される場合には、以下のフォームにご記入漏れがないように入力してフォーム下のボタンを押してお申込み下さい。
    尚、「セミナーを知ったきっかけ」と「お問い合わせ内容」以外は必須項目です

    現在お申込み可能な講座
    (複数選択可)
    プロジェクトファイナンス・モデリング講座2022年6月4日(土)ファイナンス基礎講座2022年6月11日(土)財務モデリング基礎講座2022年6月25日(土)財務モデリング応用講座2022年8月27日(土)意思決定のためのファイナンス講座2022年9月3日(土)ファイナンス基礎講座2022年9月10日(土)財務モデリング基礎講座
    お名前 姓 名 
    ふりがな せいめい
    メールアドレス ご案内メールをお送りします。携帯電話のメールアドレスでは受信できない可能性がありますので、ご遠慮ください。
    会社名
    電話番号 セミナー当日ご連絡可能な番号を半角数字で記載ください。
    (例:090-1234-5678)
    領収書 領収書が必要領収書は不要
    領収書の宛名 領収書が必要な場合
    このセミナーを知ったきっかけ
    (複数選択可)
    1.以前に弊社の他のセミナーを受講して2.弊社代表石野の書籍を読んで3.知人に聞いて4.ネット検索5.ネット広告6.その他
    その他の方は以下の「お問い合わせ内容」の欄にきっかけを書いていただけるとありがたいです。
    お問い合わせ内容

    スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信して下さい。

    動画配信開始