MRA

プロジェクトが周期的に大規模なメンテナンスが必要な場合は、毎年一定額をMRA(Maintenance Reserve Account:メンテナンス費準備金口座)に積み立てて、実際にメンテナンス工事の際に取り崩す方法を取ることがあります。

こうすることで、キャッシュフローの平準化を図ることができます。平準化することにより、大規模改修などの一時的なDSCRの悪化を避けることができます。

MRAイメージ図
動画配信開始