エラーチェックを表示しない

今日は「エラーチェックを表示しない方法」をご紹介します。

数式が入力されているセルの左上に緑色の三角印が出ているのを見たことがある人は多いと思います。
これは、入力している数式などがエラーだとエクセルが判断して表示されるものです。
意図的に数式を入れている場合にもエラー表示されてしまうことがあるため、私はこのエラーに助けられたことはありません。
気にならない人はそのままでも良いのですが、気になる人はエクセルのオプションでエラー表示がされないように設定をします。

Alt→F→T(あるいはAlt→T→O)と順に押して、「Excelのオプション」を表示します。あるいは、「ファイル」→「オプション」と順にクリックしても構いません。
「数式」のタブの「エラーチェック」にある「バックグラウンドでエラーチェックを行う」のチェックを外して、Enterを押します。

すると、勝手にエラー表示がされなくなります。

エクセルのスキルアップで働き方改革を!


次回の財務モデリング基礎講座は9月16日(日)です。お申し込みはこちらからどうぞ。

動画配信開始