Excelの「ステータスバー」

今日は「ステータスバー」について、ご紹介します。

ステータスバーは、スプレッドシートの下にある部分のことを言います。

複数のセルを選択した場合に、ステータスバーには平均、データの個数、合計などが表示されます。
以下の図では、選択している「本店」のデータの平均、データの個数、合計がステータスバー(赤で囲った部分)に表示されています。

これを見ると、C9セルで計算している本店の合計が2,880となっており、ステータスバーに表示されている合計の値を同じですので、正しい計算がされていると確認できます。

ステータスバーで右クリックすると、表示項目を変更することができます。

表示できる項目は、「平均」「データの個数」「数値の個数」「最小値」「最大値」「合計」です。
ステータスバーを使えば簡単に確認できますので、ちょっと数字を確認したい時や関数で計算した結果を検算したい時には便利です。

エクセルのスキルアップで働き方改革を!


次回の財務モデリング基礎講座は9月16日(日)です。お申し込みはこちらからどうぞ。

動画配信開始