Excelの「セルの編集」

今日は「セルの編集」について、ご紹介します。

一度セルに数式や文字を入力した後、修正したい時があると思います。
セルをダブルクリックしたり数式バーをクリックしたりすれば、修正することも可能ですが、入力した手はキーボードにあるはずなので、マウスに持ち替えるのは面倒です。
そんな時、F2キーを使います。

F2キーを押せば、セルの内容の末尾にカーソルが表示され編集できるようになります。
矢印キーで修正したいところまでカーソルを移動させれば、修正できます。

数式や文字を入力している最中に、修正したい場合にもF2キーを使います。
通常、入力している時は「入力」モードになっています。
エクセルのシートの左下の部分を見れば、「入力」モードであることがわかります。
この状態で、矢印キーを押すと隣のセルに移動してしまいます。

そこで、修正したい場合は、F2キーを押して「編集」モードにします。
そうすると、修正したいところまで矢印キーでカーソルを移動させ、修正することができます。
もう一度F2キーを押せば、「入力」モードに戻ります。
矢印キーを使って他のセルを参照する場合には「入力」モードにしておく必要があります。

数式が入力されているセルでF2キーを押せば、参照元のセルを確認できますので、思った通りセルを参照できているか確認する際にも便利です。

エクセルのスキルアップで働き方改革を!


次回の財務モデリング基礎講座は12月16日(日)です。お申し込みはこちらからどうぞ。

動画配信開始