カテゴリー別アーカイブ: 不動産投資

凪(なぎ)の時が、一番危ない!(増田社長)

広辞苑曰く、凪とはこういうことらしいです。 ① 風がやんで、波がなくなり、海面が穏やかになった状態 ② 物事が安定しておさまっている状態 仕事でも、苦しい時もあれば、順調な時もあります。苦しい時は、台風みたいな感じで、気合いを入れて対応していかないと苦境を乗り越えられません。物凄い向かい風に対して、体をやや前傾させながら、足をしっかり踏ん張らなければ、飛ばされてしまいます。 こういう時は経験的に、 … 続きを読む→

まず、先に差し出す覚悟がありますか?(増田社長)

ギブ・アンド・テイクという言葉があります。これって、テイク・アンド・ギブではないのですよね。私は、この順番がとても大事なのだと思っています。相手に対して、まず先に差し出す覚悟があるかということです。 ビジネスには色々なジャンルがあるので、一概にこの順番を主張すべきではないとは思います。例えば、弁護士さんに事件を依頼する時は、着手金という制度があります。でも、私の仕事である不動産投資では、やはりギブ … 続きを読む→

人を探す(増田社長)

この道で生きて行こうと思った時、私には不動産関連に携わる人との付き合いがほとんどありませんでした。まず、その時に考えたのが、不動産投資をよく知っている人に教えを請いたいという想いでした。 ただ当時は、今のようにコンサルティング会社というものがほとんどなく、またあったとしても、そのルートを知りませんでした。 得体の知れない業界に足を踏み入れるためには、道標となる人の介在が必要なのです。でも一朝一夕に … 続きを読む→

判断の速さは価値-不動産投資編(増田社長)

「速さは価値」について、不動産投資では具体的にどういうことなのかを書いてみます。 私は仲介業者から物件を紹介された場合には、早ければ2時間後、遅くても半日後には現場に立つようにしています。 私の場合、物件を見ないで買付を入れるということはしません。都内の物件が多いので、最近は電車を使うことが多いのですが、電車に乗っている時にノートPCを開けて、およその価値計算を完了させます。 分析ソフトは独自開発 … 続きを読む→

速い!高い!旨い!(増田社長)

牛丼屋のキャッチコピーではありません。事業再生や清算に関わる士業の仕事に対する姿勢や報酬の話です。 私は以前、当事者として事業清算に関わったことがあります。その時に、運よく、人柄のよい凄腕の会計士と弁護士に出会いました。彼らの仕事は、とても速かったです。早いではなく、速いのです。 事業清算はスピードが命です。もたもたやっていたら、銀行の利息が払えなくなったり、また利害関係者にも多大な迷惑をかけるこ … 続きを読む→

新連載開始!不動産投資の達人(増田社長)

今後は、このブログで私が尊敬する様々な分野の達人に連載いただこうと考えています。 今回から、不動産投資の達人、増田社長に登場していただきます。昨年、縁あって不動産投資を始めました。その際に大変お世話になったのが増田さんです。 不動産の価値とは、その不動産が将来生み出すキャッシュフローの現在価値の合計です。その価値算定において増田さんの方法論はファイナンス的な見地から言っても、極めて信頼のおけるもの … 続きを読む→

石野 雄一の本

アマゾンの「オールタイムベスト ビジネス書100」にランクイン!

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス 「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく教えます。(累計6万部)

道具としてのファイナンス
問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版 「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、この問題集をエクセルで解いていく過程で理解できるようになります。(Excel付き)

ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス わかりやすさを追求したファイナンス入門書。
これまでファイナンス入門書を読んで挫折した方に手にとって欲しい一冊です。(累計12万部)

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました。
知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ -がけっぷち経営奮闘記-

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記 倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!
最強のビジネス小説、誕生!
Top