サンクコスト

サンクコスト(埋没コスト)とは、すでに支払ってしまって取り返すことができないコストのことを言います。投資判断を行う場合、将来のキャッシュフローに、サンクコストを含めてはいけません。例えば、1年前に行った市場調査の費用はすでに支払ってしまっていて戻ってきませんから、サンクコストなのです。

意思決定の時間軸は現在から未来です。過去にすでに支払ってしまったコストはこれからあなたがどんな意思決定するにしても戻ってきません。未来志向のあなたは、これから支払うコストに注目する必要があります。

膨大な金額の研究開発費を過去に投資しているプロジェクトの場合、「これまでこんなにお金を掛けたのだから、今更撤退できない」と判断しがちです。しかし、過去の投資はサンクコストです。現在から将来のキャッシュフローを評価し、その結果、価値を生み出さない(NPVがマイナスとなる)のであれば、撤退するべきです。


以下のブログも参考になさってください。
迅速な経営判断の難しさ
三菱航空機の行く末
三菱重、アレバ追加出資 総額700億円に

動画配信開始