負債は価値を創造しない

昨日のブログに「企業価値と株主価値のどちらを高めればいいのか?」について書きました。 企業価値と株主価値という言葉が混同して使われていることが多いという印象を以前から持っていたからです。 実は、企業によって創造された価値は、すべて株主のものです。なぜなら、有利子負債は、価値を創造しないからです。したがって、企業価値の向上と株主価値の向上とは同義なのです。 有利子負債が価値を創造しないのは、有利子負 … 続きを読む→

企業価値と株主価値のどちらを高めればいいのか?

企業によって、経営者によって企業価値を高めることを至上命題とする場合もあれば、株主価値を高めることを至上命題にする場合もあります。 そもそも、経営者は企業価値と株主価値のどちらを高めればいいのでしょうか。 企業価値は、誰にとっての価値かと言えば、企業への資金提供者である株主と債権者にとっての価値です。この関係は次式によってあらわすことができます。 企業価値=株主価値+債権者価値 株主も債権者も企業 … 続きを読む→

社会保険料は企業が負担しているのか?

最近、日系企業の公的負担に関する国際比較調査の結果を見る機会がありました。 調査結果の骨子は次の通りです。 法人税負担、固定資産税その他の税負担、社会保険料の事業主負担などを合計した、我が国企業の総合的な公的負担の割合は実態ベースで50.4%に達しており、国際的に非常な高水準にある 特に、英国や米国と比較した場合、我が国における法人税実負担率が10%前後高いのが現状であり、我が国企業の公的負担率を … 続きを読む→

感謝を伝える

ラーメン好きで知らない人はいない一風堂の河原社長がその著書『五輪書(到知出版社)』でこんなことを言っています。 『自分の命をつくりだしてくれた両親。その両親に心から感謝し、思いを伝えることは、自分自身を肯定的にとらえることに他なりません。 まして、飲食業に携わる者ならば、自分にとって最も大切な人である両親に「ありがとう」が言えなくて、どうしてお客様に本当のありがとうを伝えることができるでしょうか。 … 続きを読む→

財務マネジメントの目的とは何か

財務マネジメントの目的とは、企業価値と市場価値の向上にあります。市場価値とは、市場が認識するその企業の価値です。 経営者は、企業価値を高めることはもちろんのこと、その高めた企業価値を市場が認識するよう努める必要があるのです。 ある意味、いいものをつくっても、それが顧客に伝わらなければ意味がないというのと同じかも知れません。 市場価値を高めるための一つの手段として、IR(=Investors Rel … 続きを読む→

回転寿司屋の売り物とは何か

最近、家の近くの回転寿司屋がリニューアルオープンしました。 新しいこともあって、結構繁盛しているようです。 繁盛している回転寿司は、誰でも食べる売れ筋がおいしいから、衝動的に来店してしまうといいます。誰もが一番食べるものって何でしょうか。それは、しょうゆとしゃり、そしてわさびです。 その中でも重要なものは「しょうゆ」らしいですね。安い回転寿司にくるお客様は、ネタを食べにくるのではなく、「しょうゆを … 続きを読む→

偶然なのか、必然なのか

昔、読んだ本の中のワンシーンで、これから起業しようとしている主人公にメンターがこんなことを言う場面があります。 「成功したいならね。偶然に注意して。偶然を偶然と思わないで」 偶然だと思ってやり過ごしてしまうことも、実は必然だと考えること。その意味をじっくりと考えてみることが自分にとってのチャンスを広げることなのかもしれません。 これは特にビジネスの成功だけに限ったことではないと思います。 私たちが … 続きを読む→

フリーキャッシュフローには2種類ある

企業価値を算定する場合、フリーキャッシュフロー(以下FCF)を加重平均資本コスト(WACC)で割り引いて事業価値を計算し、さらに非事業資産を加えて計算します。つまり、次のような関係式が成り立ちます。 企業価値=事業価値+非事業資産価値 このときのFCFは、次のように求めることができます。 FCF=営業利益(1-税率)+減価償却-設備投資-運転資金の増加額 実は、FCFはこれだけではありません。私た … 続きを読む→

IRへの効果的な質問

企業のIR(=Investor Relations)部門の役割は、投資家(=株主+債権者)のリスク認識を下げることによって、資本コストを下げることにあります。 最近では、企業によって濃淡はありますが、一介の個人投資家の質問に対しても丁寧に回答してくれるようになりました。 そんなIRに対して殺し文句ならぬ、効果的な質問があります。それは、こんな質問です。 「御社の投資判断基準について差し支えない範囲 … 続きを読む→

負けに不思議の負けなし

前回のブログ「成功のカギよりも失敗の原因が大事」に関して、読者の方から感想メールをいただきました。その方から、野村克也氏の言葉を教えていただきました。 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」 有名な言葉らしいのですが、私は知りませんでした。これは本当に味わい深い言葉ですね。

石野 雄一の本

アマゾンの「オールタイムベスト ビジネス書100」にランクイン!

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス 「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく教えます。(累計6万部)

道具としてのファイナンス
問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版 「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、この問題集をエクセルで解いていく過程で理解できるようになります。(Excel付き)

ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス わかりやすさを追求したファイナンス入門書。
これまでファイナンス入門書を読んで挫折した方に手にとって欲しい一冊です。(累計12万部)

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました。
知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ -がけっぷち経営奮闘記-

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記 倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!
最強のビジネス小説、誕生!
Top