アサヒ首位、キリンと0.2ポイント差

『ビール大手5社が13日発表した1~9月のビール系飲料のメーカー別シェア(課税済出荷量ベース)でアサヒビールが同期間として2年ぶりの首位に立った。 第三のビールが好調だったうえに、主力のビール「スーパードライ」の販売量が9月まで4ヶ月連続で前年実績を上回り、37.2%のシェアを確保した。 ただ、2位キリンとの差はわずか0.2ポイントで年間の首位争いが一段の激しくなりそうだ(2010年10月14日日 … 続きを読む→

負債の適正水準をどう考えるか?

3日連続で東京電力のケースを取り上げてみたいと思います。今回は、東京電力の有利子負債の水準について考えてみたいと思います。 東京電力の今回のエクイティによる資金調達の理由のひとつに「財務基盤の拡充をめざす」というのがありました。 これに対して、市場では「東京電力は高い格付けを有しており、社債を発行した方が低コストで調達できるはず」という声が多いようです。 実際のところ、当事者である東京電力は、現状 … 続きを読む→

ペッキング・オーダー理論

昨日のブログでは東京電力の資金調達について取り上げました。ついでにペッキング・オーダー理論に関してお話しておきます。 東京電力の株価下落は、この理論からも説明が可能です。ペッキング・オーダー理論とは、資金調達を企業がどのような順番で行うかという理論なんです。 ちなみにペッキング・オーダーとはトリの社会の序列を意味した言葉です。 この理論が言っていることは、企業が資金調達を必要とするときには、内部資 … 続きを読む→

東京電力の大型投資

先月末、東京電力が約29年ぶりの公募増資で約5,500億円を資金調達するというニュースが報道されました。その後、10月4日に1996円と25年ぶりの安値を更新と思いきや、本日はなんと1900円で取引を終えています。要するに市場から、この増資は受け入れられていないということです。 資金調達には、大きく分けて2つあります。今回のように新株発行に伴う資金調達であるエクイティファイナンスと社債や金融機関か … 続きを読む→

ビジネスには「GNO」が大事

幻冬舎という出版社の見城社長の言葉。 『ビジネスで成功するには、「GNO」がないとダメ。Gとは義理、Nは人情、Oは恩返し。』 ビジネスとは結局は人間関係で決まります。行きつくところは、GNOなんでしょうか。

投下資本利益率―ホンダの試み

限られた資源を有効に活用するためには私たちは効率を考えていかなくてはいけません。 それでは、効率をどのように考えればいいのか。それは制約資源の投入量当たりの成果(利益、FCF、NPV等々)を指標にすることです。 たとえば、二酸化炭素の排出量が制約条件になっている場合は、CO2当たりのNPVが最大になるプロジェクトに優先的に投資するという判断をしなくてはいけません。 そんな時代もすぐそこまで来ている … 続きを読む→

運転資金管理のポイント

運転資金とは、ざっくり言って入金と出金のギャップを埋めるお金のことです。 定義はいろいろありますが、次が一般的です。 運転資金=売掛金・受取手形+在庫-買掛金・支払手形 運転資金管理のポイントをあげてみましょう。どちらかというと中小企業向けですが、大企業でも本質的な部分は変わりません。 売掛金・受取手形の管理 取引先ごとに与信限度額を設定し、金額が大きい取引先は、定期的に信用照会する 回収条件を早 … 続きを読む→

効果的な質問

限られた時間を有効に使うためにも、「無駄な努力」はしたくないものです。 「無駄な努力」かどうかを見分けるための効果的な二つの質問。 「それは何のため?」 「それは誰のため?」 目の前の努力に一生懸命になって、「木を見て森を見ず」にならないようにときどき、この二つの質問を自分に問いかけてみるといいかも知れません。 参考にしたのは、次の本です。まだ、読み終わっていませんがいい本です。

リーダーシップとは何か?

リーダーのそばに、そのリーダーについていく人間がいることが大事なんですね。 いや、むしろついていく人がいるからこそ、リーダーはリーダーになり得た。 それにしても、この映像は組織がどのようにして形成されるか、その一つの形を本当によく表しています(笑) 次に大事になってくるのは、この運動をどう継続させていくかですね。

IFRS導入の背景

最近、国際会計基準だとか、IFRSだとか盛んに言われるようになりました。 昨日から、日経新聞の1面で「揺れる企業会計」として連載されています。 ところで、IFRSは何と読むのでしょうか。5~6年前までは、「イファース」とか「イフルス」と読んでいる人が多かったのに、最近では、「アイファース」呼ばれることが多くなったと言います。 最近の発音の変化は、IFRSに対してアメリカ人の興味が高まっていることの … 続きを読む→

石野 雄一の本

アマゾンの「オールタイムベスト ビジネス書100」にランクイン!

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス 「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく教えます。(累計6万部)

道具としてのファイナンス
問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版 「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、この問題集をエクセルで解いていく過程で理解できるようになります。(Excel付き)

ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス わかりやすさを追求したファイナンス入門書。
これまでファイナンス入門書を読んで挫折した方に手にとって欲しい一冊です。(累計12万部)

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました。
知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ -がけっぷち経営奮闘記-

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記 倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!
最強のビジネス小説、誕生!
Top