速い!高い!旨い!(増田社長)

牛丼屋のキャッチコピーではありません。事業再生や清算に関わる士業の仕事に対する姿勢や報酬の話です。

私は以前、当事者として事業清算に関わったことがあります。その時に、運よく、人柄のよい凄腕の会計士と弁護士に出会いました。彼らの仕事は、とても速かったです。早いではなく、速いのです。

事業清算はスピードが命です。もたもたやっていたら、銀行の利息が払えなくなったり、また利害関係者にも多大な迷惑をかけることになり、最終的には破産してしまうからです。当事者の私としても、一刻も早く当時の状況から抜け出し、新たな人生を再スタートさせたい気持ちでした。

ここで、詳しく申し上げることは致しませんが、その時に私は、『判断の速さは価値である』と実感しました。先日、大学時代の先輩の弁護士とこの話をした時に、『それを分かってくれる人は少ないんだよなあー』と笑われました。

どういうことなのかと言うと、依頼者の大多数の思考回路は、
『事件が早く解決した➡弁護士の拘束時間が少ない➡報酬は安いはず』という感じなのです。

これは明らかに間違いです。依頼者側の正しい思考回路とは、
『事件が早く解決できた➡無駄な利息を払わないで済んだ➡新たな出発のための時間が増えた➡だから、報酬は高くなっても構わない!』 という考え方ではないでしょうか?

腕は悪いけど一生懸命時間を割いてくれて、じっくりと問題解決してくれる弁護士さんがいいですか?
私は嫌です。正しい判断の速さが価値だということを知っていますから。別に士業にかかわらず、全ての意思決定で速さは武器ではないかと思っています。実は不動産投資でも同じことが言えるのです。


私が不動産の達人と尊敬する増田社長のブログです。増田社長の自己紹介はこちらをご覧下さい。

動画配信開始