月別アーカイブ: 2018年7月

Excelの「セルのコピーと貼り付けの方法」

今日は「セルのコピーと貼り付けの方法」について、ご紹介します。 おそらく一番よく知られているコピーと貼り付けのショートカットはCtrl+Cでコピーして、Ctrl+Vで貼り付けかと思います。 今回は連続したセルにコピーと貼り付けを行う際、Ctrl+CとCtrl+V以上に、便利なショートカットをご紹介します。 前回、すばやい範囲指定指定と瞬間移動をご紹介しました。 Ctrl+Shift+矢印で同じ数値 … 続きを読む→

Excelの「すばやい範囲指定と瞬間移動」

今日は「すばやいセル範囲指定と瞬間移動」について、ご紹介します。 連続したセル範囲を選択するには、Shiftを押しながら矢印キーを使います。 矢印キーを使って、始点のセルにアクティブセルを持っていき、Shiftを押しながら矢印キーを押すと、範囲を指定できます。 始点のセルは必ずしも選択したい範囲の左上のセルでなくても構いませんが、選択したいセル範囲の四隅のどこかを始点のセルにする必要があります。 … 続きを読む→

Excelの「クイックアクセスツールバーの使い方」

今日はクイックアクセスツールバーの使い方について、ご紹介します。 クイックアクセスツールバーはこの赤で囲った部分のことを言います。 実はここに自分の良く使うコマンドを登録することができます。 すると、Alt+数字でそのコマンドを実行できるようになります。Altキーの使い方はこちらをご参照ください。 登録の仕方は二通りあります。 一つ目の方法は、追加したいコマンドにカーソルをおいて、右クリックし、「 … 続きを読む→

Excelの「Altキーの使い方」

前回、できるだけマウスを使わないように、ショートカットキーを使いましょう、ということをお伝えしました。 今日は、ショートカットを覚えていなくてもキーボード操作ができるようになるAltキーの使い方をご紹介します。今までエクセルの上の部分にあるリボンを使ったことがある人なら誰でも使えるようになります。 リボンというのはこの赤で囲った部分のことです。 皆さん、エクセルを立ち上げて、Altキーを押してみて … 続きを読む→

Excelの「マウスは使わない」

今日のテーマは「マウスは使わない」です。 エクセル作業のする際に、キーボードとマウスを行ったり来たりするのは、かなりの時間のロスになります。 エクセルのほとんどのことはキーボードでできます。 結局のところ、なるべくショートカットキーを使いましょう、ということです。 では、私がマウスを全く使わず、何でもしているかとそんなことはありません。 マウスを使わないとできないこともありますし、場合によってはキ … 続きを読む→

Excelの「Enterキーでアクティブセルが動かないようにする」

オントラックの北川です。 今日から隔週でエクセルネタのブログを書くことになりました。 皆さんが日々エクセル作業を行う中で少しでもお役に立てたらと思います。 よろしくお願いします。 今日のテーマは「Enterキーでアクティブセルが動かないようにする」です。 セルに数字を入力し、Enterキーを押すと、アクティブセルが下に下がっていませんか? 設定を変えていない場合は、Enterキーを押すとアクティブ … 続きを読む→

「週刊東洋経済」に弊社代表石野の記事が掲載されます

明日(9月4日)発売の「週刊東洋経済2017年9月9日号」68-71ページに「ニュースの理解にも役立つファイナンスの考え方」と題した記事が掲載されます。 ファイナンスの基本的な考え方をAmazonやソフトバンクの例を挙げながら、4ページにわたり説明させていただいております。是非、ご覧ください。 ご購入はこちらから↓

エンド価格とプロ価格(増田社長)

もう随分と昔のことです。私が血眼になって収益物件を探し回っていた頃の話です。 私は、ある大手不動産会社のトップセールスマンに物件を探してもらっていました。彼女とは以前から複数の取引実績があり、互いに信頼関係が構築されている間柄でしたが、一度かなり怒らせてしまったことがありました。 「増田さん。プロじゃないんだから、そんな価格で買うのは無理ですよ!」と凄まれたのです。 あの頃の私は、かなり擦れていま … 続きを読む→

買いたい価格と買われる価格(増田社長)

収益物件の購入を検討する場合、自身が設定する自己資金利回りから買付価格を逆算し、価格を自分から決めていくというアクションを起こします。これが、「私の買いたい価格」です。 一方、優良物件ならば皆が欲しい訳で、特殊な事情がない限り1対1の相対取引になることは難しく、ライバルが付けるだろう「誰かに買われる価格」を予測する必要があり、状況に応じてどの程度までなら「私の買いたい価格」を修正できるのかという判 … 続きを読む→

高利回り物件と低利回り物件(増田社長)

居住系の収益物件の場合、一般論として地方の築古アパートなどを高利回り物件、都市部の築浅一棟レジデンスなどを低利回り物件として流通する場合が多いようです。またキャッシュフローの観点からは、投資初年度の単年度収支のインカム回収率が高いものを高利回り物件、その逆を低利回り物件と考えています。 このような事情を前提として、その本質的な意味について私なりの見解をお伝えしようと思います。まず、誤解を恐れずに申 … 続きを読む→

石野 雄一の本

アマゾンの「オールタイムベスト ビジネス書100」にランクイン!

実況!ビジネス力養成講義 ファイナンス

実況!ビジネス力養成講義 ファイナンス 最強の入門書誕生。「超わかりやすい」と評判のセミナーが1冊の本になりました。講義調のわかりやすい解説で、難しいファイナンスがすっきり分かります。

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス 「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく教えます。(累計6万部)

道具としてのファイナンス
問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版 「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、この問題集をエクセルで解いていく過程で理解できるようになります。(Excel付き)

ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス わかりやすさを追求したファイナンス入門書。
これまでファイナンス入門書を読んで挫折した方に手にとって欲しい一冊です。(累計12万部)

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました。
知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ -がけっぷち経営奮闘記-

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記 倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!
最強のビジネス小説、誕生!
Top