カテゴリー別アーカイブ: コラム

オモイの三段活用

リーダーを日本語で言えば、指導者です。導くその指はどこを指しているのでしょうか。 それは、未来です。決して過去ではありません。過去を振り返るのは大事です。でも、過去の出来事ばかり見ている人に我々はついていきたいとは思わないのではないでしょうか。 私たちの周りには、建物がたくさん建っています。この建物は、雨後の竹の子のように自然に生えてきたわけではありません。建物ひとつひとつが、一人の人間の「オモい … 続きを読む→

純現金収支の正しい使い方

先日(2011年3月3日)の日経朝刊にこんな記事がありました。 「ダイセル純現金収支 400億円超黒字へ 来期から3年間で」 純現金収支とは、簡便的なフリーキャッシュフロー(FCF)ともいい、次のように求めることができます。 純現金収支=FCF(簡便法)=営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー 本業で稼いだキャッシュから、投資に使ったキャッシュを差し引いたものといえます。この純現金収支が黒字で … 続きを読む→

三菱商事の太陽熱発電プロジェクトのCFを考える

三菱商事が世界最大級の太陽熱発電プロジェクトに参画するという記事が本日の日経新聞にありました。 スペインの新エネルギー大手アクシオナ傘下の企業アクシオナテルモソーラーに15%(約50億円)出資、太陽熱発電設備を共同運営するということです。 三菱商事は出資とあわせ、三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行、日本政策投資銀行と計3億ユーロを融資するとあります。 言ってみれば、三菱商事はデットとエクイ … 続きを読む→

フジクラの投下資本利益率(ROIC)目標を考えてみる

昨日の日経新聞にフジクラが2011年3月期から投下資本利益率(ROIC)を事業の評価基準に加えるとありました。 事業継続の是非などを検討する目安は8%。同社のROICは税引き前利益を投下資本(株主資本+有利子負債)で割って算出しています。 分子と分母の整合性からすれば、分子は税引後営業利益が望ましいのですが、何か理由があるのかも知れません。 同社は事業別には8%を基準として設定。本社費用や研究開発 … 続きを読む→

期待しちゃいけない期待収益率

あなたが親友に1年間、100万円を貸すとしたら何パーセントの利率をつけますか。親友だったら、とらないという方もいらっしゃるでしょうが、ここでは5%としましょう。つまり、あなたは、1年後に親友から105万円を受け取るということです。 それでは、よく知らない会社の同僚だったらどうでしょう。貸さないという選択肢もあるかとは思いますが、もし貸すとしたら、少なくとも5%よりは高い利率を要求するはずです。ここ … 続きを読む→

お金の価値とインフレ・デフレ

「今の100万円と1年後の100万円のどちらがいいですか?」という質問に1年後の100万円がいいと答える人はさすがに最近ではみられなくなりました。 そうです。今、100万円もらえば、1年後には利息がつくから、その利息分だけ得なわけですね。 「お金の価値は、そのお金をいつ受け取るかで変わる」という考え方はファイナンスでも最も重要な考え方のうちのひとつです。 ここまで説明するとこんなことをいう人がいま … 続きを読む→

オプションとは何か?

オプションとは、株式・債券・通貨など、ある期日に、ある数量を、ある価格で買う権利、あるいは売る権利と定義できます。 将来の特定期日に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、決められた数量の金融資産を購入することができる権利をコールオプションといいます。 反対に、将来の特定期日に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、決められた数量の金融資産を売却することができる権利をプットオプションと … 続きを読む→

負債は価値を創造しない

昨日のブログに「企業価値と株主価値のどちらを高めればいいのか?」について書きました。 企業価値と株主価値という言葉が混同して使われていることが多いという印象を以前から持っていたからです。 実は、企業によって創造された価値は、すべて株主のものです。なぜなら、有利子負債は、価値を創造しないからです。したがって、企業価値の向上と株主価値の向上とは同義なのです。 有利子負債が価値を創造しないのは、有利子負 … 続きを読む→

企業価値と株主価値のどちらを高めればいいのか?

企業によって、経営者によって企業価値を高めることを至上命題とする場合もあれば、株主価値を高めることを至上命題にする場合もあります。 そもそも、経営者は企業価値と株主価値のどちらを高めればいいのでしょうか。 企業価値は、誰にとっての価値かと言えば、企業への資金提供者である株主と債権者にとっての価値です。この関係は次式によってあらわすことができます。 企業価値=株主価値+債権者価値 株主も債権者も企業 … 続きを読む→

石野 雄一の本

アマゾンの「オールタイムベスト ビジネス書100」にランクイン!

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス 「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく教えます。(累計6万部)

道具としてのファイナンス
問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版 「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、この問題集をエクセルで解いていく過程で理解できるようになります。(Excel付き)

ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス わかりやすさを追求したファイナンス入門書。
これまでファイナンス入門書を読んで挫折した方に手にとって欲しい一冊です。(累計12万部)

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました。
知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ -がけっぷち経営奮闘記-

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記 倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!
最強のビジネス小説、誕生!
Top