日本株は新興国株よりもリスクが高い?!

3月18日付の日経新聞によれば、「トランプ相場」の主役が交代し、日本株は脇役に追いやられたようです。確かに最近の東京株式市場では、日経平均株価は2万円を前に足踏みを続けています。

海外投資家のいらだちは、想定通りに円安が進まないこともあります。日経新聞は、ゴールドマンサックスのファーガソン氏の発言を取り上げています。

「足元の日米金利差を考えれば1ドル=117~118円台になってもおかしくないが、円安が進まず戸惑っている」(ファーガソン氏)

その代わりに海外投資家が向かった先は、日本株と比較して割安さや成長性がある新興国株だというのです。私が意外に思ったのは、シャープレシオが新興国株の方が日本株よりも高いことです。

シャープレシオとは、ポートフォリオがリスクに見合った運用実績を見る指標で、次のように求めることができます。

式の分子は、リスクをとることによって得たリスクプレミアムを意味しており、分母はリスク(標準偏差)を意味しています。したがって、シャープレシオは、リスクをとることによってどれだけ効率よくリターンを稼ぐことが出来たかを示します。つまり、この値が大きいほど、運用効率が良いとされています。

前出のゴールドマンサックスのよれば、日本株のシャープレシオは0.8に対して、新興国株のそれは、1.5です。過去1年のデータからみれば、日本株が意外にも、新興国株よりもリスクに見合ったリターンが得られにくいということなのです。こんなところも、主役交代の背景があるのでしょう。


拙著「まんがで身につくファイナンス」発売中です。今まででいちばんわかりやすく書きました。知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。ご購入がまだの方はよろしくお願いします。

【内容紹介】
著者累計15万部突破!
ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました!
知識ゼロからMBAの必修科目がわかっちゃう!

世界一わかりやすいファイナンス入門!

◎そもそもファイナンスって何なの?
◎利益とキャッシュの違いって?
◎今の100万円と3年後の100万円では、どちらの価値が高い?
◎割引率と期待収益率は同じもの?
◎WACCとは? NPVとは? IRRとは?
◎作れば作るほど利益は出るの?
◎ハイリスク・ハイリターンの本当の意味とは?

ファイナンスの基本と実践での活用のコツを、まんがでこれ以上ないほどわかりやすく解説した入門書の決定版!

【本書の内容】
はじめに
第1章 このままでは黒字倒産する!
第2章 企業価値経営へ舵を切れ
第3章 キャッシュをどう生み出すのか?(前篇)
第4章 キャッシュをどう生み出すのか?(後編)
第5章 戦いの始まり
第6章 攻めの投資の判断基準
第7章 負債をどこまで返済するか?

 

動画配信開始