Excelの「INDIRECT関数」

オントラックの財務モデリング担当 北川です。 今日は「INDIRECT関数」について、ご紹介します。 INDIRECT関数は指定される文字列への参照を返す関数です。 つまり、A1やC10といった参照したいセルを、”A1″や”C10″といった文字列で指定すると、そのセルを参照する関数です。 INDIRECT関数の書式は、INDIRECT(参照文字列、[ … 続きを読む→

ROA世界ランキング

日経新聞(2019/6/7付)が時価総額5兆円以上の世界の上場企業を総資産利益率(ROA)で順位付けしました。米国企業が上位20社中12社を占めており、あらためて米国企業の経営効率の高さを見せつけられます。 ここでROAを復習してみましょう。ROA(=Return on Asset)は当期純利益を総資産で割って算出します。言ってみれば、資産をどれだけ効率的に利益に結びつけることが出来たかを表す指標 … 続きを読む→

カゴメ・資生堂など政策保有株式売却の広がり

2019/5/31付日経新聞によれば、上場企業が取引先との関係維持などを目的とした政策保有株式の圧縮に動いているといいます。この動きは、2018年6月に改訂となった「コーポレートガバナンス・コード」の影響もあると思います。コードの中で以下のように明確に政策保有株式の縮減をうたっているのです。 【原則1-4.政策保有株式】 上場会社が政策保有株式として上場株式を保有する場合には、政策保有株式の縮減に … 続きを読む→

Excelの「名前」

オントラックの財務モデリング担当 北川です。 今日は「名前」について、ご紹介します。 エクセルでは、セルやセル範囲に名前を付けることができます。 名前を付けることで、数式の中でセルやセル範囲を参照する際に、指定しやすくなります。 では、具体的に見てみましょう。 B3:C3のセル範囲を選択した状態で、Ctrl+Shift+F3を押すと、以下のようなダイアログボックスが出てきます。 「左端列」にチェッ … 続きを読む→

RIZAPの経営大ピンチ

M&Aによって急成長してきたRIZAPは、2018年11月14日の決算発表で従来のグループ戦略を一部変更し、構造改革方針を策定し早期の経営再建に注力すると宣言しました。具体的には、新規M&Aの原則凍結、グループ会社の経営再建の早期完遂、成長事業への経営資源集中です。このとき、2019年3月期の営業利益(国際会計基準)を230億円から▲33億円に下方修正しました。 2019年5月15 … 続きを読む→

ソフトバンクグループの株主価値

2019年5月9日付、ソフトバンクグループ(SBG)は2019年3月期決算を発表しました。売上高は9兆6000億円(前期比+5%増加)、営業利益はなんと2兆3500億円(前期比+81%)と2兆円の大台を突破しました。 この増益には、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が大きく貢献しています。今期の営業利益の半分以上を稼いでいるのがSVFなのです。 (出所:ソフトバンクグループ決算説明会資料) … 続きを読む→

Excelの「ウォーターフォールチャートの作成方法」(2)

オントラックの財務モデリング担当 北川です。 今日は前回に引き続き、「ウォーターフォールチャートの作成方法」について、ご紹介します。 前回ご紹介した、積み上げグラフを使った方法では、グラフの一部がマイナスになるときに、正しいグラフが表示できないという問題がありました。 そこで、今回は、グラフの一部がマイナスになる場合にも対応できるようにしてみましょう。 前回、ウォーターフォールのグラフで描きたい要 … 続きを読む→

KAM導入の意味合い

KAMとは「監査上の主要な検討事項」(KAM: Key Audit Matters)のこと。2018年7月の監査基準の改訂によって、監査報告書には、このKAMが記載されることになりました。ちなみにKAMはカムと発音します。 このKAMと同様の記載はすでに国際監査基準(ISA)を採用する国ではすでに適用されています。EUにおいては、2017年6月期の監査から、米国においても類似のCAM(Critic … 続きを読む→

新講座「財務分析の手法とケーススタディ」開催します!

かねてよりご要望の多かったアカウンティング講座「財務分析の手法とケーススタディ」を2019年7月13日(土)開催します。 本講座では、決算書の実践的な分析・評価の手法を習得していただきます。実際の上場企業の公表財務数値の分析を通じて、各指標の算出方法とそれぞれの数値の読み解き方が分かるようになります。 それだけではありません。ケーススタディを取り入れ、グループに分かれて企業再生のための具体的なアク … 続きを読む→

2049 日本がEUに加盟する日

1995年Windows95が発売されました。初めて購入したPCでインターネットに接続したときのあの身震いするような感動は今でも鮮明に覚えています。まさに世界とつながったと感じた一瞬です。この1995年はまさに「世界の始まりの年」だと言えるでしょう。この年、その後のグローバリゼーションとデジタル時代の金融システムを一気に進めた三つの出来事が発生しているからです。 まずは、先述した「Windows9 … 続きを読む→

石野 雄一の本

アマゾンの「オールタイムベスト ビジネス書100」にランクイン!

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス 「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく教えます。(累計6万部)

道具としてのファイナンス
問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版 「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、この問題集をエクセルで解いていく過程で理解できるようになります。(Excel付き)

ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス わかりやすさを追求したファイナンス入門書。
これまでファイナンス入門書を読んで挫折した方に手にとって欲しい一冊です。(累計12万部)

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました。
知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ -がけっぷち経営奮闘記-

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記 倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!
最強のビジネス小説、誕生!
Top