リーダーシップとは何か?

リーダーのそばに、そのリーダーについていく人間がいることが大事なんですね。 いや、むしろついていく人がいるからこそ、リーダーはリーダーになり得た。 それにしても、この映像は組織がどのようにして形成されるか、その一つの形を本当によく表しています(笑) 次に大事になってくるのは、この運動をどう継続させていくかですね。

IFRS導入の背景

最近、国際会計基準だとか、IFRSだとか盛んに言われるようになりました。 昨日から、日経新聞の1面で「揺れる企業会計」として連載されています。 ところで、IFRSは何と読むのでしょうか。5~6年前までは、「イファース」とか「イフルス」と読んでいる人が多かったのに、最近では、「アイファース」呼ばれることが多くなったと言います。 最近の発音の変化は、IFRSに対してアメリカ人の興味が高まっていることの … 続きを読む→

MECEっぽい感じ

昨日に続き、MECEでとらえることの重要性を考えてみましょう。 たとえば、あなたが社長からキャッシュの捻出を指示されたとしましょう。 社長に対して、具体的な方策を説明しなくてはいけません。 こんなとき、場当たり的に方策を出していっても、それこそ社長を納得させることはできないでしょう。財務的な課題をMECEに考えるのはそれほど難しくはありません。バランスシートと損益計算書の項目にそって考えていけばい … 続きを読む→

モレなく、ダブリなく

「モレなく、ダブリなく」をMECE(ミッシー、あるいはミーシー)といったりします。 この言葉は、その昔、マッキンゼーで言われはじめました。 MECEは、Mutually Exclusive Collectively Exhaustive の頭文字をとったもので、「それぞれが重複することなく、全体集合としてモレがない」という集合の考え方です。 よく、MECEに物事をとらえろ!なんて言われますが、そも … 続きを読む→

価格と販売数量

価格を高くすれば、販売数量は減少する。反対に価格を低くすれば、販売数量は増加します。 あるスーパーの経営者は、ときどき、何種類かある豆腐の価格のレンジをムリとせばめ、本当に消費者から人気のある豆腐がどれかを把握するといいます。 価格によって販売量は変わる。しかし、その価格差がなくなれば、我々は本当に食べたい豆腐を購入する。 そう考えると価格差のない100円ショップの商品毎の販売数量データというのは … 続きを読む→

顧客と消費者

私たちは、顧客と消費者を同じ意味で使っていたります。 しかし、顧客と消費者を区別して使うべきかも知れません。 たとえば、ある消費財メーカーの立場で考えてみましょう。 直接の顧客は大手スーパー、しかし消費者は個人のお客さんです。 このとき、顧客である大手スーパーに製品が販売できたときに売上があがったと単純に喜んでいいのでしょうか。 もし、流通経路の中に製品や商品が過剰に蓄えられたとしたら、それだけメ … 続きを読む→

戦略と戦術と責任

戦略はWhat。何をやるか、やらないか。 戦術はHow。いかにしてやるか。 戦略を考えるのは経営者の仕事。戦術を考えるのは社員の仕事。 経営者に結果責任があり、社員にあるのは、実行責任。

東芝の財務戦略

東芝は、現在「CCC」と呼ぶ経営指標の目標を掲げています。CCCはキャッシュ・コンバージョン・サイクルの略。売掛金と在庫の回転日数から、買掛金の回転日数を引いて求めます。 このCCCを短縮するということは、運転資金が減るということです。運転資金を賄う有利子負債は圧縮でき、在庫削減による生産現場の効率化で労務費なども削減できる。言ってみれば、「資金繰り、貸借対照表、収益改善」と三方良しと旗振り役の副 … 続きを読む→

インプットとアウトプット

仕事の生産性という観点から言えば、できるだけ少ないインプットで最大のアウトプットをあげるべきということになるのだろう。 ただ、私たちが忘れていけないのは、インプットとアウトプット、そしてその間を結ぶ私たちの情報処理能力とのバランスだ。 最大のアウトプットを出すには、やはりインプットが多くなくてはならない。ただし、多ければ多いほどいいというわけではない。 自分の処理能力がボトルネックになってはしょう … 続きを読む→

幸せのものさし

私のブログの読者の方からこんなメールをいただきました。 「石野さんの社長ブログに「数えるもの」とのお題でのブログがありましたが、これを読んで、竹内まりやの曲「幸せのものさし」を思い出しました。 サビの歌詞にこんなフレーズが・・・ (幸せになるには) Count what you have now. Don’t count what you don’t have. 幸せの基準って結局自分にしかないん … 続きを読む→

石野 雄一の本

アマゾンの「オールタイムベスト ビジネス書100」にランクイン!

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス 「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく教えます。(累計6万部)

道具としてのファイナンス
問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版 「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、この問題集をエクセルで解いていく過程で理解できるようになります。(Excel付き)

ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス わかりやすさを追求したファイナンス入門書。
これまでファイナンス入門書を読んで挫折した方に手にとって欲しい一冊です。(累計12万部)

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました。
知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ -がけっぷち経営奮闘記-

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記 倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!
最強のビジネス小説、誕生!
Top