未来投資戦略2017、企業の稼ぐ力に「ROA」

内閣府が2017年6月に発表した日本国の成長戦略「未来投資戦略2017」。その中でも私が注目したのは、『「形式」ではなく、「実質」へのコーポレートガバナンス・産業の新陳代謝』という項目です。 ここで企業の稼ぐ力を高めるべく、次のような目標が設定されたのです。 「大企業(TOPIX500)の ROA について、2025 年までに欧米企業に遜色のない水準を目指す。」 2014年に公表された「伊藤リポー … 続きを読む→

日本企業の投資判断手法の実態

「日本的管理会計の深層」(吉田栄介著、中央経済社)を読みました。「他社はどうしている?管理会計実践の実像を明らかにする」と帯にある通り、実態調査をベースに日本企業の管理会計の現状に迫ります。 会計には大きく分けて、「財務会計」と「管理会計」の二つがあります。財務会計というのは決算書の世界です。決算書は利害関係者(株主、債権者、税務署など)に業績をレポーティングするためのものです。目的がレポーティン … 続きを読む→

アマゾンの投資哲学

上場から20年で株価が約500倍になったアマゾンですが、ジェフベゾスCEOは、キャッシュフローを重要視することでも有名です。以下の文章は1997年の株主への手紙の中の一部です。 We believe that a fundamental measure of our success will be the shareholder value we create over the longterm. … 続きを読む→

未来の年表

日本が少子高齢化の問題を抱えているというのは誰もが知っていることです。ただ、その実態を正確にわかっているとは言えないかも知れません。 国立社会保障・人口問題研究所が「日本の将来推計人口」を5年ぶりにアップデートしました。それによれば、2015年時点において1億2700万人を数えた日本の総人口が40年後には9000万人を下回り、100年も経たないうちに5000万人ほどに減るというのです。 今回ご紹介 … 続きを読む→

任天堂株は買いか?

ゲーム情報誌「ファミ通」によれば、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の国内販売台数が3月の発売から17週間で早くも100万台超えを達成したといいます。 そのせいか、任天堂の株価は7月に入って小休止といったところですが、6月までは目を見張るほどの勢いを見せていました。一時は時価総額でライバルのソニーを追い抜きました。 (出典:ロイター) これは驚愕すべきことです。ソニーのゲームセグメント … 続きを読む→

米IT5社が抱える巨額の現金

2017年6月28日付日経新聞によれば、欧州連合(EU)の欧州委員会は27日、米アルファベット傘下のグーグルがEU競争法(独占禁止法)に違反したとして、24億2000万ユーロ(約3000億円)の制裁金を払うよう命じたとあります。 インターネット検索市場での支配的地位を乱用し、買い物検索で自社サービスを優遇するなど公正な競争を阻害したと判定したというのです。これは、欧州委による独禁法違反を巡る単独企 … 続きを読む→

預金1000兆円突破時代の運用方法とは

金融機関に預金が集まり続けているといいます。2017年6月11日付日経新聞によれば、銀行や信用金庫などの預金残高は2017年3月末時点で、過去最高の1,053兆円となったとのことです。日銀のマイナス金利政策で金利はほぼゼロにもかかわらず、中高年が虎の子の退職金や年金を預け続けていることが考えられます。 一方で、日本郵政がこれまでの「貯金頼み」の経営を転換していくという報道がありました。グループの日 … 続きを読む→

ソフトバンクは金の卵を産むガチョウか?

先般の決算説明会で孫社長は、ソフトバンクは「金の卵を産むガチョウ」と称しています。そのガチョウの価値はどうなっているのか。孫社長は決算説明会でソフトバンクの企業価値について説明しています。 ソフトバンクの純有利子負債は2年間で2兆円増えています。純有利子負債とは、有利子負債から手元現預金を差し引いたものです。孫社長はこの2兆円は、ガチョウが食べる「エサ代」と表現しています。この2兆円というエサを食 … 続きを読む→

純現金収支(FCF) 5年ぶり減少

2017/6/7付日経新聞によれば、2017年3月期は上場企業の手元に残る純現金収支(フリーキャッシュフロー、FCF)が約8兆8000億円と、前の期に比べ4割減ったといいます。フリーキャッシュフロー(FCF)の減少は5年ぶりです。ここでのFCFの定義は、キャッシュフロー計算書の「営業活動によるキャッシュフロー(営業CF)」に「投資活動によるキャッシュフロー(投資CF)」を加えたものです。 当期純利 … 続きを読む→

エンド価格とプロ価格(増田社長)

もう随分と昔のことです。私が血眼になって収益物件を探し回っていた頃の話です。 私は、ある大手不動産会社のトップセールスマンに物件を探してもらっていました。彼女とは以前から複数の取引実績があり、互いに信頼関係が構築されている間柄でしたが、一度かなり怒らせてしまったことがありました。 「増田さん。プロじゃないんだから、そんな価格で買うのは無理ですよ!」と凄まれたのです。 あの頃の私は、かなり擦れていま … 続きを読む→

石野 雄一の本

アマゾンの「オールタイムベスト ビジネス書100」にランクイン!

道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス 「理論先行」を排し、最適な資金調達やプロジェクト選択など、ビジネス現場で得た、実務に役立つ知識・方法をわかりやすく教えます。(累計5万部)

道具としてのファイナンス
問題集 Kindle版

道具としてのファイナンス 問題集 Kindle版 「道具としてのファイナンス」を読むだけでは、なかなか理解出来なかったことも、この問題集をエクセルで解いていく過程で理解できるようになります。(Excel付き)

ざっくり分かるファイナンス

ざっくり分かるファイナンス わかりやすさを追求したファイナンス入門書。
これまでファイナンス入門書を読んで挫折した方に手にとって欲しい一冊です。(累計10万部)

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス ファイナンス本のベストセラー著者が、今まででいちばんわかりやすく書きました。
知識ゼロからでも大丈夫! 世界一わかりやすいファイナンス入門です。

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ -がけっぷち経営奮闘記-

女子高生社長、ファイナンスを学ぶ がけっぷち経営奮闘記 倒産寸前! がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!
最強のビジネス小説、誕生!
Top